シリーズ仙北
仙北のDC102



昨年から展開を始めた「シリーズ仙北」に、もう1両の機関車・DC102が加わります。
 というか昨年発売したDC103とこのDC102以外にはスイッチャーのような形をした7tDL・DB071しか居なかったのですから、俄然このDC102の注目度はUPします(^^♪。

沼尻に譲渡されたDC103は前後非対称の凸型でしたが、こちらは同じ凸型ながら燃料タンク側は丸みを帯びたスタイルで、まるで静岡鉄道の「蒙古の戦車」のようで、しかも床板が一直線ではなく段がついていて、得も言えぬ雰囲気を持っています。
 皆さん、こういうの好きでしょ?(^O^)? ボクは大好きです(*^^)v。





模型製品について

1.いつもながらに美しくエッチング処理された真鍮板をプレス加工で仕上げたものを中心に、適材適所で細密なロストワックスを散りばめる、といった作りになっております。

2.したがって手にしたときの充実感は充分で、これでナローか?と思われるような重みがあります。

3.外観図では分かりづらいですが、キャブは上から見たときに四角形ではなく、妻面は左右のドアーの脇で僅かに三面鏡のように折れ曲がった八角形をしています。

4.それを的確に再現しつつ出来るだけ簡便に組み立てられるよう、屋根はこれと似通ったロストワックスを使用しています。

5.赤く塗装されたナンバープレート・製造銘板、仙北の社紋が付属いたします。



仙北のDC102

トータルキット ¥28000
未塗装キット ¥56000
塗装済完成品 ¥70000



今回は少しでもお求めやすい価格を実現するために、箔押しの化粧箱を廃して袋詰め包装と致しました。
  (未塗装キット・塗装済完成品の場合は専用ラベルを添付した汎用箱に無償でお納め致します。
   また、トータルキットでこの箱を御希望の方には実費\800でお分け致します)




製品では形態を重視するために朝顔カプラー対応になっていますが、他社製品と連結させるためにはその車輌に別売の「朝顔カプラー(仙北用)」と「朝顔カプラー用ピン」「朝顔カプラー用長いリンク」を取り付ける必要があります。その場合には製品と一緒に御予約ください。

朝顔カプラー(仙北用)\500(2個入)、朝顔カプラー用ピン\1500(10本入)、朝顔カプラー用長いリンク\500



塗装は当社製「MWカラー」の「MWC-02 ディープブラック」「MWC-05 ライトグレー(屋根に使います)」「MWC-20 ミディアムブルー」と「MWC-09 クリヤー」「MWC-10 フラットベース」「MWC-17 ダークグレー(ウェザリング用)」「MWC-52 MWシンナー(1リッター)」「MWC-53 MWプライマー」をお使い下さい。



*この製品は、受注開始をして一か月ほど様子を見て、その数に端数を加えた数量(例えば受注数が58両でしたら60両にして)を製造する方法にさせて頂く事に致しました。
従いまして、発売後の在庫は5両以下の極少量ということになりますので入手困難が予想されます。
御希望されるお客様は可能な限りお早めに御予約される事をお勧め致します。(2023.01.08)



*現在の在庫状況はこちらを御参照ください。



こちら