キット組立講座

木曽のラッセル車




小型で可愛らしいこのラッセル車は、ロータリー式を使うまでもない積雪の場合や、構内の除雪に使われていたようですが、なかなかどうして、小粒ながらピリリとした魅力があります。
こんな小さな車両ですが、当社は真面目に取り組み(^O^)、他の車両と並べても決して遜色のないディテールを誇っています。
そんな魅力あふれる「木曽のラッセル車」の楽しさを、この組立講座から感じ取って頂ければ幸いです。



第1回

1.まず妻板にアングルを半田付けしますが、上面から1mm下がった位置にアングルの上がくるようにします。
 その後で妻板の板厚が見える方向で箱状に組み上げ、テスリやハンドルなどを半田付けします。

 


2.テスリの歪みを修正しておいた上板には軸を差し込んで裏側とツライチになるように半田付けをしてから、コの字型のハンドルを中央部に、大きめのL字型のハンドルをもう一方の軸に半田付けします。
 この上板を箱状に組んだボディーに差し込んでみて、塗装面を考慮してスッとはまるように確認しておきます。

 


3.プロウの2本の足は短くカットしておき、枠板の裏側に出ないようにしておき瞬間接着剤で組み合わせます。
 プロウに突き当たるように枠板の小穴に軸を差し込んで半田付けしてから、小さいL型ハンドルを半田付けします。

 


4.このプロウユニットの裏側の下側両脇の部分を前妻板下部に合わせてゼリー状瞬間接着剤で止めて上まわりは出来上がりです。
 上板は別に塗装をしますが、4個のハンドルは繊細ですから、塗装前の洗浄時には気を付けましょう。

 


第2回

1.床板にエンドビームを1.4x2mmビスで止め、ウェイトを2個ゼリー状瞬間接着剤を併用しながら1.4x5mmビスで止めます。

 


2.台枠に軸受を瞬間接着剤で接着します。



第3回

1.塗装作業です。まずMWC-53 MWプライマーで下塗りをしてから、床板から下の部分をMWC-02 ディープブラックで、その他をMWC-01 グラスグリーンで塗ります。
 プロウの前面やその上下装置のハンドルと軸(中間の支えの上の部分のみ)、上板も側面とテスリやハンドルを赤いエナメル塗料で塗ります。
 ボディーと上板とはエポキシ系接着剤で止め、好みでMWC-09 フラットベースを加えたMWC-10 クリヤーで艶を整えたあと、MWC-17 ダークグレーで軽くウェザリングをします。



2.塗装を終えたらボディーに床板を1.4x2mmビスで止め、車輪を組み込みながら台枠も1.4x2mmビスで止めます。
 最後にブレーキシューを台枠の前後にエポキシ系接着剤で止めて出来上がりです。



3.ふと「ラッセル車は何グラムあるんだろう?」と思い、体重を測ってみました(^O^)。
 設計段階で前側にはロストワックスの塊のようなプロウが付くので、実物同様に車内にバランスウェイトを積まないとダメだなと思ってスペース的に可能なだけのウェイトを積んだのですが、体重は23グラムもありました(^^♪。
 標準的な5tDLも測ってみたら32グラムでしたので、2軸貨車としてはなかなかの重さだと思います。
 特に推進されるラッセル車ですから、車体が軽いとポイント部分などで浮いて脱線することも考えられますから、持ったときに「おや?」と思うほどの重量感があり、これは安心感につながります(^_-)-☆。

 










「木曽のラッセル車」製品の御案内

「MWカラー」の御案内