シリーズ立山砂防軌道
立山砂防の無蓋車


林鉄に於ける運材台車のように、「立山砂防軌道」の主役はこの無蓋車です。
 立山砂防軌道はその名の通りに砂防工事をするための軌道ですから、堆積した土砂を搬出したり、作業用の器材を運搬するのに欠かせない車両だからです。
 軸受や補強板の形状は製造時期によって若干の違いはありますが、スタイルは一貫しており、側板は手を入れる穴が2ケ所ある板を2枚上から落とし込む構造になっており、下の写真のように状況に応じて2枚にしたり1枚にしたりして使われています。
 また、空車の場合には右の写真のように側板を外して2両を重ねて列車長を短くしています。

当社ではこの無蓋車を模型化するにあたり、実車同様に様々なスタイルでお楽しみ頂けるように、側板を実車のように上から落とし込む構造を採用しました。
 また精密なロストワックス部品を使用する事により、可能な限り半田付けの手間を省けるような設計としましたので、このように複数欲しい車両でも気軽に増車できるようになっております。

なお、実際の軌間は609mmで1/87に縮小すると7mmとなりますが、製品化にあたっては一般的な9mmで製造しております。





模型製品について

1.ロストワックス製のエンドビームを含む妻板を床板に半田付けして、軸受を接着した台枠を床板にネ
  ジ止めするだけで、素晴らしいディテールの無蓋車が出来るようになっています。

2.あとはお好みにより4枚入っている側板を上から落とし込んでやるだけですので、様々なスタイルに
  対応できます。

3.今回は単品販売の他にお得な2両セット、超お買い得な5両セットも御用意致しましたので、どうぞ
  存分にこの無蓋車でお楽しみください。



トータルキット 単品¥6500 2両セット \12000 5両セット \29500

未塗装キット 単品¥11700 2両セット \21600 5両セット \53100

塗装済完成品 単品¥16250 2両セット \30000 5両セット \73750





 


 




今回は少しでもお求めやすい価格を実現するために、箔押しの化粧箱を廃して袋詰め包装と致しました。
  (未塗装キット・塗装済完成品の場合は専用ラベルを添付した汎用箱に無償でお納め致します。
   また、トータルキットでこの箱を御希望の方には実費\617でお分け致します)




製品では形態を重視するために朝顔カプラー対応になっていますが、他社製品と連結させるためにはその車輌に別売の「朝顔カプラー(立山砂防用=沼尻・木曽用と同じです)」と「朝顔カプラー用ピン」「朝顔カプラー用リンク」を取り付ける必要があります。その場合には製品と一緒に御予約ください。

朝顔カプラー(立山砂防用)\493(2個入)、朝顔カプラー用ピン\462(10本入)、朝顔カプラー用リンク\411

塗装は当社製「MWカラー」の「MWC-11 建設省グリーン」「MWC-09 クリヤー」「MWC-10 フラットベース」「MWC-17 ウェザリンググレー」と「MWC-52 MWシンナー(1リッター)」「MWC-53 MWプライマー」をお使い下さい。

車体標記ナンバーは、このシリーズとリンクして発売される別売の「アルプスモデル製・立山砂防インレタC」(画像はお待ちください)をお求め下さい。



こちら