シリーズ林鉄

王滝の大型B客No.14


木曽森林鉄道の客車は上松運輸営林署と王滝営林署が管轄していました。
 それぞれに管理番号を付けていたのですが、この客車は王滝営林署管轄のB型客車No.14です。

同じNo.14でも上松のB客No.14があるので混同されがちですが、不思議と同じようにアーチバー台車を履いていながらも、大きさが違います。
 ただ、便宜上「大型」とは言うものの上松の大型B客ほどは大きくなくて、窓1組分だけ小さいので(普通のB客より窓1組多くてドアーがある)、言わば中型B客と云う方が正鵠を射ているでしょう。

王滝営林署田島所属のこの客車は、上記のようにアーチバー台車を履いている事の他にも、ドアーが側面に点対称であることや、低く垂れた側板、妻面の窓が引き違い2組という点にも特徴があり、編成の中に組み込むと妙味を発揮します。
 また、王滝の大型B客No.13と同様に側板には「安+全」マークが入り、ボディーの赤い色味もNo.13と同様に他のB客よりは明るい赤でした。

そんな「王滝の大型B客No.14」をぜひ1両お手元にお備えください。
実車撮影:平田邦彦氏「もりこーの木曽路日記」より 





模型製品について

1.車体は真鍮板を美しくエッチング処理したものをプレス加工して作り、細密で重厚感あるアーチバー
  台車を組み合わせる、という当社ならではの特徴がよく出ている製品で、手に持った時に充実感を味
  わって頂けます。

2.車体標記や安全マークは別売の「アルプスモデル製インレタ(木曽A&C)」をお求め頂く事になり
  ますが、所属の「田島」のレタリングは付属致します。



トータルキット ¥14800 未塗装キット ¥29600 塗装済完成品 ¥37000



今回は少しでもお求めやすい価格を実現するために、箔押しの化粧箱を廃して袋詰め包装と致しました。
  (未塗装キット・塗装済完成品の場合は専用ラベルを添付した汎用箱に無償でお納め致します。
   また、トータルキットでこの箱を御希望の方には実費\822でお分け致します)




製品では形態を重視するために朝顔カプラー対応になっていますが、他社製品と連結させるためにはその車輌に別売の「朝顔カプラー(木曽用)」と「朝顔カプラー用ピン」「朝顔カプラー用リンク」を取り付ける必要があります。その場合には製品と一緒に御予約ください。

朝顔カプラー(木曽用)\493(2個入)、朝顔カプラー用ピン\462(10本入)、朝顔カプラー用リンク\411

塗装は当社製「MWカラー」の「MWC-02 王滝営林署DL用ブラック」「MWC-15 井笠用レッド」と「MWC-09 クリヤー」「MWC-10 フラットベース」「MWC-17 ウェザリンググレー」「MWC-52 MWシンナー(1リッター)」「MWC-53 MWプライマー」をお使い下さい。

車体標記ナンバーは別売の「アルプスモデル製木曽インレタA」「アルプスモデル製木曽インレタC」をお求め下さい。



「王滝の大型B客No.14」キット組立講座



こちら