簡易軌道シリーズ
釧路製8tDLU


前回「浜中のDL」という名前で製造したのが1995年5月ですから、もう18年前にもなりますが、その間にも当社の製品レベルも向上しましたので、簡易軌道シリーズの再開に伴い、全く新規に設計をしなおして「釧路製8tDLU」としてリリース致しました。

この機関車は各地の簡易軌道の標準的なもので、様々な軌道で活躍していました。
 同じ8tDLでも酒井製の鋳鋼台枠を見慣れた目には腰高に見えますが、純然たる道産子らしく随所に釧路製らしいディテールが散見され、簡易軌道の風景には欠かせない車両と云えましょう。





模型製品について

美しくエッチング処理をされた真鍮板をプレスしていき、適材適所に細密なロストワックスを散りばめる、という当社流の作り方を踏襲していますので、手にしたときの重量感、持つ喜びを感じて頂けるものと思います。
 以前の製品ではKDカプラーを装備する事が前提となっていたため、エンドビームの特徴を再現する事が出来ませんでしたが、今回は「朝顔カプラーシステム」対応とする事によって、実物さながらの外観を再現する事が出来ました。

機構的には一般的なモーター縦置きで2軸を駆動する方法ですが、ボンネット内にウエイトをシッカリと積み、当社ならではの「可動式軸箱」を組み込んだ動輪の採用と相まって、重量感のある走行を確保出来ました。

ミルクカーの先頭に、また牽引客車を従えさせてのほのぼのとした情景をぜひともお楽しみ下さい。



トータルキット \25508 未塗装キット \51017 塗装済完成品 ¥63771



製品では形態を重視するために朝顔カプラー対応になっていますが、他社製品と連結させるためにはその車輌に別売の「朝顔カプラー(簡易軌道用(草軽用と同等品です))」と「朝顔カプラー用ピン」「朝顔カプラー用リンク」を取り付ける必要があります。その場合には製品と一緒に御予約ください。

朝顔カプラー(簡易軌道用)\493(2個入)、朝顔カプラー用ピン\462(10本入)、朝顔カプラー用長いリンク\493

塗装は当社製「MWカラー」の「MWC-02 王滝営林署DL用ブラック」「MWC-11 建設省グリーン」「MWC-09 クリヤー」「MWC-10 フラットベース」「MWC-17 ウェザリンググレー」と「MWC-52 MWシンナー(1リッター)」「MWC-53 MWプライマー」をお使い下さい。



DCC運転をされる方は別売の「Digitrax製DZ125デコーダー」を一緒にお求め下さい。
また、塗装済完成品でも御希望の方には組み込みを致します。

DZ125デコーダー\3500 塗装済完成品に組み込みの場合はその価格から\4800UPとなります。



「釧路製8tDLU」キット組立講座



こちら