簡易軌道シリーズ
標茶の釧路製自走客車


一見浜中の泰和製自走客車と同じように見えますが、メーカーの違いから各所に相違点が見いだせます。

泰和製はヘの字+くの字、いわゆる湘南フェイスになっていたのですが、この釧路製は正面が鉄仮面のように単にヘの字に曲がっているだけで、それが却って泥くささを感じさせます。

また、泰和製は「運転席窓+Hゴム窓+7連窓」だったものが、この釧路製では客用窓も大きくて「運転席窓+7連窓」になっています。その運転席窓も上下方向に低いため、ガーランド型通風器を乗せた姿といい、全体として見た時に結構印象が異なります。

それに加えて地面を這うようなスノウプロウが装着される事により、正面から見た時の印象が精悍にもなっています。

「浜中」と同様にKDカプラー対応ではなく、当社の「朝顔カプラーシステム」対応となっているため、前面下部の欠き取りがなくなり、その代わりに軽便車両らしい小さな朝顔カプラーを正規の高さで装備されているので、正面・あるいは斜め前から見たときの印象がグッと良くなっているのも特徴です。

「標茶の運輸工業製牽引客車」と合わせてお楽しみ下さい。





模型製品について

1.付属の白いディカールによって新塗装ヴァージョンにも旧塗装ヴァージョンにも出来るようになって
  おり、塗装済完成品ではどちらかをお選び頂けるようになっています。

2.この前面には御好評のアクリル製窓ガラス(別売)を填め込むことにより、より一体感のある引き締
  まった面構えにする事が可能です。

3.上記のように、KDカプラー対応ではなく、当社の「朝顔カプラーシステム」対応となっているた
  め、前面下部の欠き取りがなくなり、その代わりに軽便車両らしい小さな朝顔カプラーを正規の高さ
  で装備。

4.下周りに目を転じると、泰和製で大変ご好評を頂いたハイディテール仕様になっています。
  エンジンを始めとして、主要な床下機器を新たに設計して投入しただけに、まさに未来レベルの仕上
  がりを御確認頂けるでしょう。

5.もちろんスポーク車輪の8輪集電ですので、安定した走行でお楽しみ頂けるようになっています。



トータルキット ¥24480 未塗装キット ¥48960 塗装済完成品(新塗装・旧塗装)各¥61200



今回は少しでもお求めやすい価格を実現するために、箔押しの化粧箱を廃して袋詰め包装と致しました。
  (未塗装キット・塗装済完成品の場合は専用ラベルを添付した汎用箱に無償でお納め致します。
   また、トータルキットでこの箱を御希望の方には実費\822でお分け致します)




製品では形態を重視するために朝顔カプラー対応になっていますが、他社製品と連結させるためにはその車輌に別売の「朝顔カプラー(簡易軌道用(草軽用と同等品です))」と「朝顔カプラー用ピン」「朝顔カプラー用長いリンク」を取り付ける必要があります。その場合には製品と一緒に御予約ください。

朝顔カプラー(簡易軌道用)\493(2個入)、朝顔カプラー用ピン\462(10本入)、朝顔カプラー用長いリンク\493

塗装は当社製「MWカラー」の「MWC-02 王滝営林署DL用ブラック」「MWC-05 上運営林署DL用グレー」「MWC-15 井笠用レッド」「MWC-09 クリヤー」「MWC-10 フラットベース」「MWC-17 ウェザリンググレー」と「MWC-52 MWシンナー(1リッター)」「MWC-53 MWプライマー」をお使い下さい。



DCC運転をされる方は別売の「Digitrax製DZ125デコーダー」を一緒にお求め下さい。
また、塗装済完成品でも御希望の方には組み込みを致します。

DZ125デコーダー\3500 塗装済完成品に組み込みの場合はその価格から\4800UPとなります。



標茶の釧路製自走客車用アクリル製窓ガラス

*御好評を頂いている「正面の窓枠にはめ込む窓ガラス」を今回もアクリル板で作ります。
*いくら薄くなるように設計したとはいえ、ロストワックスの厚みが出てしまい、窓ガラスが引っ込んで
 しまいがちですが、これを使って裏側からはめ込むと、Hゴムとツライチに仕上がり、グッと感じが良
 くなります。
*トータルキットや未塗装キットと一緒に御予約を頂ければ、同時に納品が可能です。
*また、塗装済完成品を御予約頂く方々は、これを使っての仕上げも受け付けますので、下のオーダー
 フォームから御予約をお願い致します。

1両分 \822です。



*御要望が多いので再生産を致します。
 次回は相当先になると思いますので、この機会にお求め下さい。
 なお、未塗装キット・塗装済完成品は初回生産分と一緒に出荷致します。



「標茶の釧路製自走客車」キット組立講座



こちら