よもやま話

2021/12/31 年末に思うこと

実はいま、頭がクラクラする状態でこの原稿を書いています。
4月の末に耳石の位置がずれる病気に罹ってしまい、まるで脱水機の中に放り込まれたように眩暈が酷くて、救急搬送されたのですが、12/25にまたそれが再発してしまい、今度は訳が分かっているので、自分で耳鼻科に行って診て貰いました。

過労・ストレスが原因と医者は言うのですが、好きな仕事をしての過労ですから、それはどうかな?と思っています。
そのせいで年末年始に予定していたことも総てキャンセル。
完治するまで前回は2週間ほど掛かりましたので、暫くは大人しくしていようと思っております。

少しは明るい話題も書きましょうネ(^^♪。
年末に発売した「沼尻のDC103&仙北のDC103」ですが、仙北の明るいブルーは新鮮な感じで、とっても嬉しくなりました。
何の車両にしてもそうですが、新色を使って仕上げると楽しいもので、今回は久々にその楽しさを実感致しました(^_-)。

お蔭様で来年は創業30周年。
何か記念になるような製品の発売を、と考えております。

今年一年有難うございました。そして来年も宜しくお願い致します。良い年をお迎え下さい。
     (モデルワーゲンスタッフ:森川幸一・松井大和・右 甚五郎・安藤佐吉・後藤又兵衛・伊達宗介)