立山砂防軌道
〜驚愕の42段スイッチバック〜
青森恒憲 著


当社が「立山砂防シリーズ」を展開するにあたり、特別監修をお願いしたのが青森恒憲氏でした。

氏は学生時代から幾度となく立山砂防軌道を訪問され、数々の素晴らしい写真は「月刊レイルマガジン」創刊号からの連載記事「THEトロッコ」に次々と掲載され、その名はナローファンのみならず鉄道ファンに広く知られる存在となりました。

その青森氏が還暦を過ぎ、「若き日に燃やした情熱を紙媒体として残してみたら?」という当社の問いかけに応じて頂けたのが本書です。

氏の卓越したカメラアイは一般的な鉄道書のイメージを遥かに超え、「写真集」と云っても過言ではないような素晴らしさです。
 とともに、資料的な写真をなおざりにしている訳ではなく、今となっては貴重な数多くのカットも収録されております。

モデルワーゲンが自信を持って皆様にお勧めする「立山砂防軌道〜驚愕の42段スイッチバック〜」。
収録写真は全330カットもありますので、とてもここですべてはお伝え出来ませんが、その片鱗だけでも毎週水曜日の更新で少しずつ御紹介していこうと考えております。

どうぞ、発行をお楽しみにお待ちください!



Scene 1

 

ある時は岩に寄り添い、ある時は岩を削り、大自然に従うように敷設された軌道



この軌道の魅力は最大42段にも及ぶスイッチバックだ

 

そこには作業員たちの生活があり、



心温まる交流もあった



冬になると豪雪に備え、多くの橋梁を撤去して冬眠する軌道、それが立山砂防軌道だ



Scene 2

 

軌道の重要な役割のひとつは作業員輸送だ
基本的には人車を使用するが、場合によっては無蓋車を利用した



牽かれる車両の数は最大3両。これはスイッチバックの有効線長によるもの



ときにはこのような混合編成となる場合もあった



いくつものトンネルを潜り



滝を避けるように作られたトンネルまであった、それが立山砂防軌道だ



Scene 3



長い冬からの目覚めとともに軌道は動き出す

 

若葉は萌え、霧に包まれた谷は雪解け水を流す



作業員たちもそれぞれの職場に戻り

 

また総てが動き出す



Scene 4



春の到来と共に動き出した軌道



車両たちの活動も一段と活発になり



作業員たちの動きにも力が漲る



屋根に雪帽子を載せたままの車両も走り出し



あまたあるスイッチバックには車両が溢れだす



そんな軌道の春、作業は本格化し始める



Scene 5



立山砂防軌道、初夏



今日も連絡所のオバサンを乗せた無蓋車が現場へ向かう



幾重にも折り重なったスイッチバックを一段一段と折り返しながら



工作機械を運ぶ姿は「体験乗車」とは全く違う本来の姿



時には落石にも遭う軌道は大自然との戦いだ



そして東側の岩肌に陰りが見える頃、一日の作業も終える



2021年4月刊行予定
B5版 130ページ(カラー16ページ)ハードカバー
予価 \4800



早速書泉グランデさんで紹介を頂きました。